茶島に絶好のチャンスが訪れている。トップ下を争うライバルが次々と離脱。「誰かがけがをしたからではなく、自分で(ポジションを)つかみ取らないといけない」。新たに背番号7を着けた25歳は結果にこだわる。

...    
<記事全文を読む>