JリーグのDAZNニューイヤー・カップ鹿児島ラウンド最終日は11日、鹿児島県立サッカー場で2試合を行った。

 J3鹿児島と対戦したJ1磐田は、終了間際の小川航基の得点で辛うじて引き分けた。

 鹿児島と勝ち点、得失点差などが並んだが、抽選で2年連続の優勝が決まった。

 磐田(5) 1(0―0 1―1)1 鹿児島(5) ▽得点者【磐】小川航【鹿】藤本 ▽順位 (1)磐田 勝ち点5(2)鹿児島5(3)北九州4(4)熊本1 (1、2位は抽選による) ■格下に勝てず 選手笑顔なし 抽選で連覇した磐田の選手に笑顔はなかった。格下相手に引き分け、上田は「試合の出来は満足していない。しっかり勝って帰りたかっ...    
<記事全文を読む>