時折雪がふぶくピッチで、クロスを丁寧に供給し続けた。昨季、磐田のJ1残留に大きく貢献した山本は、これまでとは違う新たなサイドバック像を思い描く。「攻撃の第一歩になりたい」。守備や運動量だけでなく、試合運びにも参加するプレーを模索する。

 山本の求めるパスがある。中盤の選手を前向きで攻撃させる。押し込まれているときに状況を変える。長短を使い分け、試合を優位に進める。持ち味の展開力やキック精度の高さを生かし、理想を具現化させるつもりだ。

 昨季は本職のボランチや攻撃的MFでも出場したが、最後の3試合はサイドバックだった。勝負どころの名古屋戦ではスピードのある元日本代表FW永井を封じた。今季もさ...    
<記事全文を読む>