宮崎市で二次キャンプ中のサッカーJ2のFC岐阜は十日、市内でJ1のサンフレッチェ広島と練習試合(45分三回)を戦った。今季初となる格上との対戦で、計0-2で無得点に終わった。

 岐阜は序盤、パスを回してボールを支配。奪われてもMFシシーニョ選手(30)らが積極的にパスをカットした。だが一回目の20分ごろ、相手の素早いカウンター攻撃から失点し、相手にペースを握られた。

 二回目にMF田中パウロ淳一選手(23)ら三人を投入すると、田中選手が右サイドを突破してチャンスをつくり、前線へ飛び出したDF大本祐槻選手(22)がGKと一対一になる場面もあった。20分ごろから相手は主力を温存したが、三回目を...    
<記事全文を読む>