昨年6月4日のジェフ千葉戦で右膝前十字靱帯(じんたい)断裂の大けがを負ったMF稲本潤一(37)が、8カ月のリハビリを経て熊本キャンプからチーム練習に完全合流した。川崎に在籍した2014年以来となるJ1の舞台で鮮やかな復活劇を披露する。

 1月12日から部分合流していた稲本は、冷たい風と雪が強く吹きつける熊本キャンプから完全合流を果たした。ゲーム形式の練習や連係を深めるために行われた守備陣と攻撃陣に分かれての練習にも参加し、約2時間のメニューを全てこなした。

 練習後、接触プレーのあるメニューに「まだ怖さはあるが、みんなとやれたのは楽しかった」と笑顔を見せた。約8カ月も実戦から離れたため、実...    
<記事全文を読む>