大一番の弱さ克服へ 「好きなこのチームでタイトルを取りたい」。川崎で8年目を迎え、新主将に就任したFW小林悠(29)。昨季終盤には複数クラブからオファーを受けながら残留を決意し、FC東京に移籍したFW大久保嘉人の抜けた穴を埋める活躍が求められるストライカーだ。クラブ悲願の初タイトルへの思い、主将像など新シーズンへの意気込みをキャンプ地・沖縄で聞いた。-沖縄での2次キャンプが終わった。

 良い時間が過ごせましたが、チームとしてはまだまだ。攻撃のテンポが悪いし、チャンスもつくれていない。少しストレスを感じている。ここから詰めていかないと。-天皇杯決勝では鹿島に敗れ、座り込んで涙した。タイトル獲...    
<記事全文を読む>