(9日・沖縄) 9日目は金武町フットボールセンターで午前練習のみを実施した。

 前日の江蘇蘇寧(中国)との練習試合(45分×4本)では今季初の90分を戦った選手が多く、そのリカバリーに務めた。ランニング、ストレッチ、3組に分かれてのボール回し、最後にステップを交えた12分間のランメニューで締めくくった。

 沖縄とは思えない寒さに加え、強風と雨が交じる悪条件の中でも時折、選手たちからは笑顔がこぼれ、和やかな雰囲気の中、1時間弱のトレーニングに取り組んだ。

 江蘇蘇寧との試合で、ともに左足を捻挫したGK西川とラファエルシルバはグラウンドには姿を見せず、宿舎での治療に専念した。
<記事全文を読む>