(8日・沖縄) 8日目は金武町フットボールセンターで中国スーパーリーグの江蘇蘇寧と練習試合(45分×4本)を行い、3―1で勝った。

 1、2本目はワントップにズラタン、シャドーの右にオナイウ、左に興梠が並んだ。ボランチは柏木、青木が組み、サイドの右に関根、左に宇賀神。DFは右から森脇、遠藤、阿部、GKには西川が入った。

 1本目36分に西川のロングボールから関根が抜け出し、技ありループで先制。同43分に左サイドの裏を突かれ、クロスから頭で決められたが、2本目13分に関根のマイナス方向への右クロスをオナイウがスルーし興梠が右足で蹴り込んだ。

 ピッチを広く使ったり、少ないタッチ数で素早くつなぐ...    
<記事全文を読む>