プロ2年目で初めてのキャンプを迎えたMF椎橋が、順調な仕上がりを見せている。昨年のキャンプの時期は、けがのリハビリのため仙台に残っていた。「サッカーができる喜びと、周囲の方々への感謝の思いを表現したい」との思いで今季の活躍を誓う。

 延岡の柔らかな日差しに汗が光る。激しい練習に時折、苦しげな表情も見えるが「サッカーができない苦しさの方がつらい。1年目の気持ちでがんがんいく」と話す。

 千葉・市立船橋高から入団。プロ生活が始まる直前の昨年1月、全国高校選手権で右足首を骨折した。「キャンプに参加できず出だしで失敗した」。昨季、試合出場の機会はなかった。

 周囲の支えに感謝する。特に、右膝前十字靱...    
<記事全文を読む>