サッカーJリーグは7日、さまざまな形で観戦を楽しめる「スマートスタジアム」事業の第1号に、今年開設20周年を迎えるJ1仙台の本拠地ユアテックスタジアム仙台(ユアスタ仙台、仙台市泉区)を選んだと発表した。

 JリーグとNTTグループ、今季からリーグ戦を有料放送する英国の動画配信大手パフォーム・グループが、ユアスタ仙台の176カ所に公衆無線LAN「Wi-Fi(ワイファイ)」を設置。J1仙台を運営するベガルタ仙台は年間の管理費を負担する。ワイファイは高性能で、定員約2万人が同時にスマートフォンなどの携帯端末で動画を視聴できる。早ければ25日のリーグ開幕戦札幌戦で提供を始める。

 ベガルタ仙台は、...    
<記事全文を読む>