清水の攻撃に新たなオプションが完成した。右サイドバックの新人飯田が、実戦練習で右サイドハーフの村田との連係から突破。ピンポイントのクロスを鄭大世の頭に合わせた。

 スピードを武器とする両選手は、ともに野洲高(滋賀)出身。「学んできたことが同じなので感覚も似ていて(連係の)イメージが湧きやすい。お客さんが喜ぶプレーを見せたい」と村田。得点が欲しい場面で同時投入すれば、相手に脅威を与える切り札になりそうだ。

 小林監督も新コンビ誕生の期待を込め、キャンプの宿舎は村田と飯田を同部屋にした。「(先輩の村田から)身だしなみやサポーターへの丁寧な対応など、ピッチ外の話も教わっている」と話す飯田。個人的...    
<記事全文を読む>