宮崎で2次キャンプ中のJ1ヴァンフォーレ甲府(VF甲府)は7日、拠点の綾町小田爪多目的競技場でJFLのFC今治と練習試合(45分、25分、45分、25分の4本)を行った。連日のハードな練習による疲労で動きに精彩を欠き、主力組で臨んだ1、2本目は単調な攻撃に終始。ポゼッション(ボール支配率)でも今治に劣り、攻撃面は仕上がり途上であることをうかがわせた。〈伊藤直樹〉 岡田武史元日本代表監督がオーナーを務める今治のサッカーは、特殊なものだった。

...    
<記事全文を読む>