プレシーズン大会の「Jリーグ・DAZNニューイヤー・カップ宮崎ラウンド」最終日は6日、宮崎市のKIRISHIMAハイビスカス陸上競技場で2試合行われ、J2アビスパ福岡は0-1でJ1昨季王者の鹿島に惜敗した。福岡は通算1勝2敗で4チーム中3位。V・ファーレン長崎は同じJ2横浜FCと1-1で引き分け、1分け2敗で最下位に終わった。2勝1分けの横浜FCが優勝した。

 敗れても得たものは大きい。福岡が昨季J1王者をセットプレーによる1失点に抑え、ほぼ同じメンバーで3失点した横浜FC戦(2日)から守備を立て直した。中でも光ったのがセンターバック(CB)で出場した18歳の冨安。元日本代表FW金崎にプ...    
<記事全文を読む>