清水の左サイドが連係に磨きをかけている。ミニゲームでは左サイドバック松原、左ボランチ竹内が息の合ったプレーで鋭い攻撃を続けた。足の違和感から午後の練習を回避したMF白崎を含めた左の3人は、J2だった昨季途中から固定されたメンバー。白崎は「積み重ねてきたものをさらに良くしたい」と意欲を示す。キャンプの練習試合でも左からの攻撃が際立つ。

 >写真特集 J1清水・鹿児島キャンプ 3人はオフ期間の自主トレでしっかり体をつくってきた。「将来を考えればもう1、2段レベルを上げなければならない年。オフは走ることに重点を置いた」と中でも25歳竹内の仕上がりの早さが目立つ。小林監督は「来週開幕してもいい状...    
<記事全文を読む>