3バックが果敢に攻め上がり、磐田の攻撃を活性化させた。

 >写真特集 J1磐田・鹿児島キャンプ 前半37分の右サイドからの得点が象徴的だ。敵陣深くで起点をつくったMF太田が、攻撃参加したセンターバックの桜内にパス。桜内は直接ゴール前にクロスを放り込み、FW川又が頭で決めた。前線に人数を掛けた厚みのある攻撃だった。

 左サイドのMF宮崎とDF森下の連動性も良く、高い位置からの守備が機能。ボール奪取後に素早く攻撃に転じる場面も目立った。今季実戦で初採用した布陣の特徴を見せ、名波監督は「3バックが積極的に出て行く姿勢が見えた。昨季からの肉付けができている」と及第点を与えた。

 桜内はアシストとほぼ...    
<記事全文を読む>