ジュビロ磐田がキャンプを開催している鹿児島市の県立鴨池補助競技場の磐田グッズ売店が、MF中村俊輔選手(38)の加入効果で、昨年の三~四倍の売れ行きを示している。練習でも平日に約百人以上のファンが観戦に訪れるなど、にぎわいを見せている。

 売店は磐田のキャンプ二日目の一月二十七日に開設。鹿児島市が募集したボランティアが数人、店員を務める。二十八日(土)は十二万八千円、二十九日(日)には十一万円の売り上げを記録した。ボランティアによると、「昨年の売り上げは平日は一万円以下、土日が三~五万円だったのに、ことしは平日、土日ともに、昨年と比べて、約三~四倍の売り上げ」という。人気商品は、フェースタ...    
<記事全文を読む>