1プレーごとに指揮官が細かく指示を与えた。清水の戦術練習は、3失点して敗れた1日の京都との練習試合で課題となった守りから攻めへの切り替えに時間を費やした。小林監督は「相手からボールを奪った後にいい攻撃ができるかは全体の位置取りにかかる」と強調した。

 鍵を握るのはDF角田。速攻に転じた攻撃陣がボールを失うと、「(最後まで)やり切れ」とチームメートを鼓舞し続けた。「苦しい時間に守備陣が粘り強く耐え、奪った後に前線が少しでも時間をつくることができれば京都戦のようなことはない」と角田。練習の合間にはセンターバックを組んだ犬飼やボランチの竹内と後方からの試合の組み立てなどについて話し合い、問題の...    
<記事全文を読む>