午前のみの練習が約1時間半行われ、4日の大宮との練習試合を想定し、攻撃面の戦術を確認した。FWクリスランとDF蜂須賀が右太ももに、MFパブロジオゴが右ふくらはぎに違和感を訴えて別メニューの練習をした。

 臀部(でんぶ)に違和感を抱え、1月30日から全体練習に参加していなかったFW平山がピッチに戻ってきた。「自分が予想していたよりも動けた」と手応えを口にした。

 ランニングやチームメートとのパス交換をこなしたほか、攻撃の練習では果敢にゴールを狙う場面もあった。練習試合に出場するかどうかは渡辺監督と相談して決めるという。

 渡辺監督は「去年までけがで苦しんだが、切れを取り戻せば間違いなく輝ける選...    
<記事全文を読む>