サッカーJ1鹿島アントラーズは1日、毎シーズン前恒例の宮崎キャンプをスタートさせた。昨季の青い練習着が今季からチームカラーの深紅に戻り、今キャンプでお披露目された。真新しい練習着に身を包んだ選手たちは宮崎市の練習拠点、KIRISHIMAハイビスカス陸上競技場で精力的に汗を流した。

 7日までのキャンプ期間中、鹿島はプレシーズン大会の「Jリーグ・ダゾーンニューイヤー・カップ宮崎ラウンド」に参加し、3試合を戦う。試合中心のキャンプは初めてで、石井監督は「実戦を通して選手のコンディションを上げ、新加入選手の戦術理解を深めたい」と抱負を語った。宮崎キャンプ後、鹿島は11日にJ2水戸ホーリーホッ...    
<記事全文を読む>