サッカー・J1サガン鳥栖は2日、沖縄県の読谷村陸上競技場でJ2東京ヴェルディと練習試合を行う。3日までの沖縄キャンプの総仕上げとなる実戦で、1日は戦術面の確認を中心に約3時間汗を流し試合に備えた。

 午前は細かいステップを取り入れたダッシュの後、スピードに強弱をつけた攻守の連係に取り組んだ。午後は攻撃と守備に分かれてそれぞれの動きを確かめた後、ミニゲームで戦術の浸透を図った。キャンプ途中にチームに合流し、主に走るメニューをこなしてきたFW小野、MF水野も戦術練習に参加した。

 キャンプ中3戦目となる実戦に向けてGK赤星は「相手がある中で練習してきたことを出せるかが重要。しっかりと出していき...    
<記事全文を読む>