【名護】名護市営球場を解体して新たに2019年12月末までに完成させる新球場に関し、名護市は27日までに完成予想図を作成した。市は、命名権(ネーミングライツ)を取得する企業を公募する方針で、時期や方法を検討している。

 外野の両翼は現球場の97メートルから100メートルに、中堅が現球場の118メートルから122メートルにそれぞれ拡張する。収容人数は内外野で計約7500人を予定している。バックスクリーンには電光掲示、スピード表示などを備える。

 現在の市営球場は3月から解体工事への関連作業に入り、4月から本格的に球場を解体し始める見込み。20年2月の春季キャンプからプロ野球の北海道日本ハムフ...    
<記事全文を読む>