宮城の社会人野球の強豪、七十七銀行(仙台市)の小河(おごう)義英監督(39)、日本製紙石巻(石巻市)の前田直樹監督(38)が昨季終了後に就任した。2人は選手時代、慶大の同期で、社会人野球ではそれぞれチームの主力として競い合った。今度はベンチワークでしのぎを削る。

 小河監督は仙台二高から慶大に進み、捕手で活躍。2001年に七十七銀行入りすると、すぐに定位置をつかみ、チームは04年の都市対抗野球で4強進出を果たした。08年の引退後は社業に専念していた。

 前田監督は岩手・釜石南高(現釜石高)の主戦で1996年の選抜大会に出場。慶大で外野手となり、日本製紙石巻では12年までプレー。10年の都市...    
<記事全文を読む>