【うるま】3月のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)開幕を控え、WBC韓国代表チームは13日、うるま市具志川野球場で春季キャンプをスタートした。本格的な練習開始を前に、球場で市が歓迎式を開き、地元の特産品やビールなどを贈呈。大会での活躍を期待した。

 歓迎式終了後に開かれた公開練習には、韓国メディアやファンらが多数駆け付けた。練習を熱心に見学し、選手らをカメラに収めたり、握手や撮影を求めたりする姿もあり、WBCでの活躍を願い激励していた。

 韓国代表は2009年のWBC決勝戦で、日本と対戦。延長十回の激闘の末、敗れ、惜しくも準優勝にとどまった。歓迎式で韓国代表チームのキム・インシュ...    
<記事全文を読む>