社会人野球のヤマハは13日、新たに加入した4選手の会見を浜松市中区のヤマハ本社で開いた。4選手はそれぞれの持ち味をアピールし、チームへの貢献や定位置奪取への意気込みを語った。

 新加入したのは、ツーシームやシュートなど6種類の変化球を織り交ぜた粘り強いピッチングが持ち味の投手近藤卓也(22)=青学大、秋田県出身=と、最速152キロの力強い直球が魅力の本格派右腕波多野陽介(22)=東北福祉大、新潟県出身=、長打力に加え広角に打ち分ける器用さを備える内野手藤岡康樹(21)=東農大、富山県出身=、大舞台での勝負強さが光る走攻守そろった外野手萩原英之(22)=明大、熊本県出身=。けがからの完全復...    
<記事全文を読む>