群馬県の桐生市議会経済建設常任委員会(山之内肇委員長)は10日、野球を観光振興に生かす政策提言の概要を発表した。“球都桐生”のブランド力を生かし、試合と観光を絡めたツアーや合宿誘致などを展開するという内容。市民や関係団体を招いた発表会を3月6日に開き、具体化に向けて機運を高める。◎来月6日に発表会 ツアーは、主にアマチュアチームをターゲットにし練習試合や宿泊の手配、懇親会などを一体的に企画する。桐生ゆかりの野球選手を招いたフォーラムや野球関連の資料展示なども想定している。山之内委員長は「野球を地域資源と捉え、経済政策の一環に位置付けた」と述べた。

 発表会には、亀山豊文市長や観光協会、商...    
<記事全文を読む>