長崎市で開催中の長崎ランタンフェスティバルの実行委員会は1日、メインイベントの一つで最終日の11日に実施する皇帝パレードの皇帝役に、米大リーグ・カブスの川崎宗則選手を起用すると発表した。

 川崎選手は鹿児島県出身。2000年から11年までプロ野球福岡ソフトバンクホークス(旧ダイエー)に所属し、04年と06年にはベストナインとゴールデングラブ賞に選ばれた。

 実行委は、九州にゆかりのある有名人の推薦を各方面に働き掛けていた。11日の皇帝役は田上富久市長と発表していたが、1月31日に川崎選手の関係者から引き受ける旨の連絡があり、変更を決めた。実行委は「熊本地震の復興支援で九州全体を盛り上げたい...    
<記事全文を読む>