日本女子プロ野球リーグ・兵庫ディオーネの寺部歩美主将と厚ケ瀬美姫内野手が14日、神戸市中央区の神戸新聞社を訪れ、4月3日(京セラドーム大阪)、4日(ほっともっとフィールド神戸)の今季ホーム開幕戦をPRした。

 兵庫は昨季、前後期と年間王者を決める女王決定戦を制し、総合優勝に輝いた。昨季首位打者の大山唯内野手ら主力が引退したが、新主将に就いた寺部は「新加入選手もなじみ、練習は充実している」と手応えを示し、7年連続打率3割超を誇る屈指の好打者、厚ケ瀬は「3割7分5厘の自己最高記録を更新したい」と意気込んだ。

 淡路市に拠点を置いて3年目。野球教室や保育所訪問などで地域とふれあい、ファンらがつく...    
<記事全文を読む>