日本女子プロ野球機構は13日、2017年シーズンの試合形式などを発表した。レギュラーシーズンは前・後期制を廃止し1シーズン制を導入。16年の覇者・兵庫ディオーネが登場する淡路島内の試合は4月15日と6月24日で、いずれも淡路佐野運動公園野球場で午後1時に始まる。(内田世紀) レギュラーシーズンの参加チームは昨季と同じ兵庫ディオーネ、京都フローラ、埼玉アストライアの3チームで計84試合を予定。育成チーム・レイアが加わるトーナメント「ティアラカップ」の2大会計8試合の結果も成績に加算され、年間の勝率1、2位チームがポストシーズン「女王決定戦」を戦う。

 ディオーネは全60試合のうち28試合が...    
<記事全文を読む>