野球の独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブス(GB)は13日、小山市をホームタウンとし活動の拠点にすると発表した。

 今季、同リーグに新規参入する栃木GBは、主催するホーム戦36試合を県央、県南地区の5球場で開催する方向で申請。同時に優先的に使用可能な練習場所を確保するため、県南地区を中心とした複数の自治体と協議を重ねてきた。

 小山市は公式戦誘致を進めるため小山運動公園本球場の整備を行うほか、廃校となる小学校校舎を練習場所として提供する。

...    
<記事全文を読む>