ルートインBCリーグ・石川ミリオンスターズの武田勝ヴァイスプレジデント(VP)兼総合コーチが8日、北國新聞社を訪れ、「一人でも多くの選手をNPB(日本野球機構)に送り出せるよう、人材づくりに貢献したい」と決意を示した。

 日本ハム投手として活躍した武田VPは「経験を話すことも大事だが、選手たちの話をしっかりと聞き、いいところを引き出したい」と話した。指導にも意欲十分で、日本ハム時代に同僚だった多田野数人投手兼コーチに対しては「厳しくいきます」と断言した。

 1日から金沢で初めて一人暮らしを始めたことを紹介し、「やっと生活スタイルが整い、寒さにも慣れてきた。独りで店を探して食事をするのも楽し...    
<記事全文を読む>