沖縄・宜野座の春季キャンプを2月28日で打ち上げる阪神タイガースの藤川球児投手がこのほど、高知新聞のインタビューに答えた。先発でスタートした昨季を振り返りながら、今季開幕に向けて「リリーフとして毎日戦うんだ、と体と頭に焼き付けている。成績を出さないといけない」と意気込みを語った。

 藤川は昨季、米球界から4年ぶりに阪神へ復帰。先発として開幕を迎え、4月3日のDeNA戦で白星を挙げたが、後が振るわなかった。オープン戦では3試合に登板。15回を自責点2と好調だったが、「配球、球の出し入れ、打者との読み合いといった部分で、内容よりも結果を出しにいき過ぎた。全てが新しいチャレンジの中のことで、す...    
<記事全文を読む>