先発マスクをかぶった細川亨は「最初は緊張したが、楽しかった」と今季初の実戦を振り返った。先発の古川侑利が西武の先頭打者木村にいきなり左越え本塁打を浴びる不安定な立ち上がりとなったが、熟練のリードで21歳の右腕をもり立てた。

 今季、ソフトバンクから加入。守備を終えてベンチに戻るたびに、古川と会話し、積極的に意思疎通を図った。肝心のバットでは2三振を含め、3打席凡退。「これから(状態を)上げないといけないでしょう」と気を引き締めていた。

...    
<記事全文を読む>