先発森が5回4安打1失点の力投で、開幕先発枠入りに一歩前進した。伸びのある直球でぐいぐいと押し「向かっていく気持ちが結果につながった。球も走っていた」と額の汗を拭った。

 ストライク先行の強気な攻めで、与えた四球は一つだけ。1点を失った四回終了後「(体が)前に突っ込んで球が高めに浮いていた」と、ブルペンでフォームを修正。今季最長の5回を投げ、最後まで崩れなかった。梨田監督は「自信がついただろう。いい投球だった」とご満悦だった。

...    
<記事全文を読む>