昨シーズン25年ぶりにプロ野球セ・リーグを制覇した広島東洋カープの優勝パレード(同実行委員会主催)が25日、春季キャンプ地の沖縄市で開かれた。選手や球団関係者らが同市のコザゲート通り中央付近から呉屋十字路までの約300メートルの道のりを練り歩き、駆け付けた1万5千人(主催者発表)のファンと優勝の喜びを分かち合った。

 パレードが始まる前のトークショーでは、沖縄出身で球団OB会長の安仁屋宗八臨時コーチと石原慶幸捕手、一岡竜司投手、今村猛投手が登壇し、少年の質問などに答えた。

 パレードに続く優勝報告会で桑江朝千夫沖縄市長は「一緒にパレードができ、とても興奮している。今度は悲願である日本一を目...    
<記事全文を読む>