充実の1カ月間をしっかりと記録に還元した。ドラ2ルーキー・石井一が、オープン戦初戦から躍動した。「7番・二塁」で先発した三回。初打席で阪神・秋山からチーム初安打となる左中間二塁打。第2打席も左前打を放ち、残りの2打席は四球で全4打席出塁した。

 2次キャンプを送った名護で万雷の拍手を浴び「改めて、きょうは実感しました」。“プロ初安打”でファンを一喜一憂させるプロ野球選手の醍醐味(だいごみ)を味わった。もちろん満足感の一方で、通過点の意識も忘れてはいない。当面の目標は開幕1軍。「打つ方ではエース級の投手に対しての対応、守る方では取れるアウトは必ず取ること」と冷静に今後を見つめていた。<道新...    
<記事全文を読む>