右肩痛を乗り越えて昨季5年ぶりに1軍復帰したヤクルトの由規投手が完全復活を期し、宮崎県西都市での2軍キャンプに臨んでいる。昨季は5試合に先発したが、結果は2勝3敗、防御率4.56。「復帰だけじゃ満足できない。もう一度先発ローテをつかみ、1年間1軍で戦いたい」と、節目のプロ10年目に1年間通した活躍を誓う。

 22日には社会人チーム、セガサミーとの練習試合で初めて実戦登板し、先発で2回27球を投げて1安打無失点、3奪三振と結果を出した。「意味を持って1球1球投げられている。内容も濃く充実したキャンプ」と語る表情は、「今年駄目なら終わり」と悲壮感が漂っていた昨年よりもはるかに明るい。高津2軍...    
<記事全文を読む>