開幕ローテ入りへ、大きく前進した。日本ハムは24日、沖縄・名護で紅白戦を行い、白組先発の上沢直之投手(23)が3回を1安打4奪三振無失点に抑える好投。安定感ある投球で、首脳陣にアピールした。

 上沢のこの日の最速は142キロを計測。伸びのある直球と精度の高い変化球で、次々とアウトを重ねた。

 「下半身を使えれば、もう少しスピードは出ると思う。真っすぐで空振りやファウルを取れたのは自信になります」。手応え十分の投球内容に、試合後は自然と笑みもこぼれた。

 栗山監督は、この日の快投を絶賛した。「やっと上沢らしいボールになってきた。球速じゃなくて回転のいいボール。打者からすると、思ったよりボールが...    
<記事全文を読む>