東北楽天の則本が代表合宿に入っても充実した投球を見せている。合宿で初めてブルペン入りし、捕手を座らせて40球。「もう少し詰めないといけない部分はあるが、招集されて初の投球にしては良かった」と調子の良さを印象付けた。

 直球を中心にスライダーやフォークボール、習得に励むカットボールを制球良く投げ込んだ。捕手の構えから大きく外れる球はほとんどなく、力強いミット音がブルペンに響いた。「腕がしっかり振れ、コントロールもある程度できた」と納得の表情だった。

 権藤投手コーチからは「(捕手までの)投げるコースを外さないように」と助言を受けたという。WBCは短期決戦の上、準決勝に進むとトーナメント形式の...    
<記事全文を読む>