釜田義直が実戦初登板し、先発で2回1失点の内容だった。「ある程度、思った所に投げられた」と手応えを語った。

 一回2死から雄平に左中間ソロを浴びたが、それ以外の6打者は最速147キロの直球と変化球で打ち取った。「(雄平への本塁打は)外を狙った直球が少し甘く入ったが、そういう球はあの1球だけ。持ち味は出せたと思う」。梨田監督も「球の走りは良かったね」と及第点をつけた。

 過去に手術を受けた右肘も問題なく、釜田は「いい状態です」と笑顔。「1年間一度も離脱せず、1軍のマウンドに立っていたい。長い回を投げて先発枠を守りたい」と目標を掲げた。

...    
<記事全文を読む>