プロ野球北海道日本ハムの新球場建設を核とするボールパーク構想を巡り、札幌市が、北区の北大構内を候補地の一つとする方向で、大学側と協議していることが23日、分かった。市は北大との協議をまとめ、本年度内に候補地として球団に提示したい考えだ。

 構想を巡っては北広島市も誘致に乗り出しており、札幌市は北大を含めて複数の案を示すことで、球団の「市内残留」の可能性を高める狙いがある。

...    
<記事全文を読む>