4回を無安打無失点 安楽智大が2度目の対外試合で、またも好投した。巨人相手に先発し、4回を無安打無失点。「去年のこの時期と比べものにならないぐらい、強い真っすぐが投げられた」と手応えを語った。

 直球は最速147キロ。制球良くストライク先行のカウントをつくると、縦の変化球も生かし、巨人の2番重信慎之介、3番長野久義、4番阿部慎之助から空振り三振を奪った。二回は味方の連続失策で1死一、二塁のピンチを背負ったが、「アウトを一つずつ冷静に取ろう」と落ち着いて後続を打ち取った。

 則本昂大、岸孝之に続く先発の柱として期待は高まる。「長いイニングで試合をつくれるよう、オープン戦からしっかりやっていき...    
<記事全文を読む>