公式戦本塁打ゼロの守備職人、阿部俊人がバットで存在感を示した。5点を追う八回2死一塁から右越えの2ラン。「風に乗ってたまたま入った」と本人は謙そんしたが、弾道は低く強烈。「(阿部の)あんな打球は初めて見た」と驚いた梨田昌孝監督は本塁近くまで出迎えた上、「記念の本塁打。ボールを探しに行ったけど、見つかったかな」と気遣うほど大喜びだった。

 昨季は主に二、三塁と遊撃の守備要員で、先発出場はわずか。「貴重なベンチの声出し役」(梨田監督)として縁の下の力持ちになっていた。代打の切り札の枡田と一緒に「控え選手も注目される機会をつくってほしい」と立花陽三球団社長に要望。8月には「サブキャラ(脇役)デ...    
<記事全文を読む>