9年目の左腕辛島航が、今季の対外試合に初登板。先発して2回を投げ、3安打1失点。「やろうとしていることはある程度できた」と納得の表情だ。

 昨オフにヤンキースの田中将大からの助言を受け、右足を踏み出す位置やプレートを踏む位置などを修正したといい、「実戦でできたのはよかった」と振り返った。

 強風の影響もあり、先頭打者の西川にチェンジアップを右翼ポール際に本塁打された。「バットの先にずらせたが、まだコースが甘かった」と反省しつつ、「まだ精度は低いので、これから詰めたい」と前を向いた。

...    
<記事全文を読む>