【カナロコスポーツ=佐藤将人】ベイスターズの育成枠出身で最も息の長い右腕・国吉が、2軍戦で1イニング3三振と潜在能力の高さを改めて見せつけた。

 対するは韓国のサムスン。「韓国の打者は全体的に直球に強い。自分の生命線である真っすぐでどれだけ抑えられるか」。八回に登板すると、球威あるストレートで押し込んでいく。2者連続で三振を奪い、1つ四球を挟んで最後の打者は変化球で空を切らせた。

 「結果を求めようとすると、投げ方が早くなって直球が伸びない。今日はしっかりためを作りながら投げられ、キャンプで取り組んできたことができた」 2014年には中継ぎとして14ホールドを記録し、15年は主にロングリリ...    
<記事全文を読む>