宮崎県日南市でのキャンプを打ち上げたプロ野球の西武ライオンズ1軍が2月20日夜、2次キャンプのため高知入りした。高知県での本格的な1軍キャンプは2003年以来14年ぶり。27日まで高知市の春野球場で鍛える。

 強風などの影響による便の遅れで、午後7時すぎに高知龍馬空港に到着。辻発彦監督が関係者から花束を受け取った後、菊池雄星投手、中村剛也内野手、栗山巧外野手らが次々と姿を現した。ファンの「待ちよったぜ」という声に応えながら、足早にバスへと乗り込んだ。

 WBC日本代表メンバーの牧田和久投手と秋山翔吾外野手の2人は、宮崎市で23日から行われる「侍ジャパン強化合宿」のため、2次キャンプには参加...    
<記事全文を読む>