東北楽天のテストを受け、入団が決まった36歳の久保裕也が20日、初めて背番号91のユニホームに袖を通し、ブルペンに入った。「また1年、野球ができるのはありがたいこと」としみじみと喜びを語った。

 白地にえんじ色のチームカラーのスパイクも到着し、東北楽天の一員として、若手と肩を並べながらブルペンで52球を投げた。「周りの投手は球が速く、勢いがある。隣でやるのは嫌ですね」と笑いながら「体を仕上げて、みんなに追い付かないと」と表情を引き締めた。

...    
<記事全文を読む>