昨季25年ぶりにセ・リーグペナントレースで優勝を果たした広島東洋カープが20日、空路沖縄入りした。緒方孝市監督は、22日から沖縄市のコザしんきんスタジアムで始まるキャンプを前に「練習試合を中心にしっかり取り組む。若手にはちゃんといいものを出すよう頑張ってほしい。もちろん連覇に向けていく」と語った。那覇空港の到着ロビーにはファンらが大勢駆け付け、選手らを歓迎した。キャンプは3月1日まで。

 20日夜、緒方監督をはじめ、昨シーズン沢村賞を獲得したクリス・ジョンソンや最多勝と勝率1位で2冠を達成した野村祐輔ら選手団が空港到着ロビーに現れた。待ち受けていた広島東洋カープ沖縄協力会やカープファンら...    
<記事全文を読む>