東北楽天は18日、沖縄本島の練習拠点、金武町ベースボールスタジアムで韓国プロ野球KIAと対戦し、8-2で勝った。

 打線は一回1死三塁から枡田の中前打で同点とし、四、五回に1点ずつ追加。3-2の六回は2死満塁からウィーラーの本塁打で一気に4得点した。

 共にワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表の則本は先発して3回1失点、2番手の松井裕は1回無失点だった。ドラフト4位新人の菅原(大体大)は実戦初登板で1回無失点と好投した。

 同じくWBC日本代表で、下半身の張りのため別メニュー調整を続けている嶋は、グラウンド状況不良のため大事を取り、この日の全体練習復帰を見送った。KIA 10...    
<記事全文を読む>