WBC日本代表の則本、松井裕が、共に今季2度目となる対外試合に登板した。そろってWBC公認球の扱いに手応えをにじませた。

 先発の則本は3回を2安打4奪三振1失点。一回に適時打を許したが、「見逃し三振を二つ取れたのが一番の収穫」。いずれも14日の前回登板で制球に苦しんだ直球を厳しいコースに決めた。23日から宮崎で始まる代表合宿に向け、「細かいところを微調整すれば問題なくやれる」と自信をのぞかせた。

 四回に登板した松井裕は三者凡退と危なげない内容だった。先頭打者をスライダーで見逃し三振に仕留め、「出来の良さを再確認できた」。WBC公認球への指の掛かりも日増しに良くなっており、「球の走りをも...    
<記事全文を読む>