日本ハム2軍は17日、1軍キャンプ地の名護で全体練習を行った。この日は休養日の1軍首脳陣が全員見守る前で、投手陣では高卒新人のドラフト1位・堀瑞輝投手(18)と同5位・高山優希投手(18)の両左腕がブルペン入りした。栗山英樹監督(55)が、そう遠くない将来の1軍昇格の可能性を示唆するなど、高い評価を与えた。

 将来性豊かな2人の高卒新人左腕の競演に、栗山監督の視線はくぎ付けになった。「本当に素晴らしかったよね。思っていた通りのピッチャーだった」と称賛した。

 1軍キャンプ地・名護のブルペンで堀が31球、高山は30球。感想を聞かれ「はい、以上」と、はぐらかそうとしたのとは対照的に、指揮官の顔...    
<記事全文を読む>